auニュース

記事検索


最新機種をお求めならココ

最新機種をお求めならココ

女性芸能人

武井咲、先輩・米倉から“悪女”学ぶ!13年ぶり復活「黒革の手帖」主演
5月18日(木) 7時03分配信 サンケイスポーツ

 女優、武井咲(23)が7月スタートのテレビ朝日系「黒革の手帖」(木曜後9.0)に主演することが17日、分かった。所属事務所の先輩女優、米倉涼子(41)が2004年に主演したヒット作を継承し、銀行員から東京・銀座の高級クラブのママにのしあがる悪女役に初挑戦する。同作で演技派へ飛躍した米倉から“悪女のイロハ”を学び、清純なイメージを打ち破るべく新境地へ意欲。「米倉さんに見てもらうために成果を残したい」と決意を語った。

 米倉から武井へ、伝統の悪女役が継承される。

 「黒革の手帖」は松本清張の同名小説を原作に、銀行員・原口元子が勤務先から横領した大金を元手に銀座の高級クラブのママとしてのし上がっていく物語。米倉が主演した2004年のテレ朝系連ドラは平均視聴率15・7%を記録するヒット作となり、05年にはアナザーストーリーのSP版が放送。連ドラとして13年ぶりに復活する。

 武井は衣装の和服姿で取材に応じ、オスカープロモーションの先輩の代表作に挑戦する重圧を「最初はやりたくないと思った」と率直に明かしたが、同作でトップ女優へ飛躍した米倉の背中を追いかけて新境地に意欲。清張作品、悪女役、ともに初挑戦で、「エッジが効いた役がやりたかった。もう一つ上のステージに引っ張りあげてもらう気持ちです」と胸を躍らせた。

 米倉は当時29歳で同年齢のヒロインを演じたが、今回は前作から4歳若返った25歳の銀座最年少ママという設定に。同役は米倉のほか、山本陽子(75)、大谷直子(67)、浅野ゆう子(56)がドラマで演じてきたが、23歳の武井が史上最年少となる。

 武井は10代のころ、米倉主演の舞台版を観劇していたという。当時は世界観を理解できなかったが、女の壮絶な争いを描く物語に圧倒された。

 米倉は普段から食事に連れて行ってくれ、仕事や体調のことを気遣ってくれるという良き先輩。まだ直接、報告していないが、6月からの撮影を前に、演じる上での“イロハ”を学ばせてもらう意向で、「米倉さんに見てもらって合格をもらえるかどうか…。自信のないところは見せられない。大事な作品を私に受け継いでくれたという思いで精いっぱいやりたいと思います」とけなげに語った。

 役作りのため、銀座の高級クラブも見学予定。「本当の銀座を見て生で感じたことをお芝居にいかしたいです」。清純派イメージを打ち破り、銀座の夜の女を体現する。



[写真] 衣装の和服姿を初披露した武井咲。米倉涼子から名作を受け継ぎ、決意をにじませた
最終更新:5月18日(木) 7時03分

ニュースキーワード

関連サイト