auニュース

記事検索


最新機種をお求めならココ

最新機種をお求めならココ

女性芸能人

旅立ちのこじはる!メンバーただ一人昭和生まれ29歳バースデー卒業
4月20日(木) 7時03分配信 サンケイスポーツ

 AKB48の小嶋陽菜が29歳の誕生日を迎えた19日、東京・秋葉原のAKB48劇場で最後の公演を行い、グループを卒業した。17歳で1期生として加入した最後の昭和生まれメンバーで、29歳の歴代最年長卒業に。11年半の活動を父親のように見守ってくれた総合プロデューサー、秋元康氏(58)から寄せられた手紙に涙を浮かべ、「本当にありがとう、AKB」と感謝の言葉で“学舎”を巣立った。

 最後の演出は、恩師からの“送辞”だった。

 小嶋が29歳のバースデーケーキのロウソクを吹き消すと、同期の峯岸みなみ(24)から秋元氏が書いた手紙がサプライズで代読された。

 数年前、秋元氏と2人で食事した際、卒業時期について相談するも冗談話で終わったことがつづられ、「結婚したい人がいるという報告を聞きたくない父親のように、君の卒業をいつもはぐらかしてきたような気がする」と明かされた。そして、「陽菜、もう少しAKB48にいたら? いや、うそです。(AKBのために)もう陽菜には甘えられません。第2の人生のスタートを祝福します」と締めくくられていた。

 小嶋は「本物?」ととぼけて笑いを誘いつつ、大粒の涙。「ここまで長くやってきて、今が一番うれしい」と感激した。

 卒業公演は90人のメンバーが出演し、「シュートサイン」など自ら選曲した20曲を披露。ラストソングは大好きな「夕陽を見ているか?」。イントロが流れると「12年前、軽い気持ちで入ったAKBに本気になる瞬間が何度もありました。今までの私もこれからの私も、すべてAKBが与えてくれました。本当にありがとう、AKB」とあいさつし、同曲を熱唱した。

 OGの高橋みなみ(26)、今後は最後の1期生として在籍する峯岸とも一緒にパフォーマンス。峯岸に向けて「お先に失礼します」と冗談めかしつつ、涙で抱き合って別れを惜しんだ。

 今後もこれまで通りに雑誌モデルやタレントとしての仕事を続けるが、「のんびりしつつ、次にやりたいことをみつけたい」。恋愛も解禁になった。三十路目前での結婚の可能性については「周り(の異性)からどんな風に見られるのかが楽しみ。でも、今はAKBの余韻に浸りたい。相手もいない」と笑った。

 第2の人生も自分らしく輝いていく。



[写真] 卒業公演後、別れを惜しむ大勢のファンに向かって、AKB48劇場のバルコニーから愛くるしい笑顔で感謝の気持ちを伝えた小嶋陽菜 =東京・秋葉原
最終更新:4月20日(木) 7時03分

ニュースキーワード

関連サイト