auニュース

記事検索


最新機種をお求めならココ

最新機種をお求めならココ

プロ野球

西武渡辺「匠の技」でヒットエンドラン2度決める
3月20日(月) 22時29分配信 日刊スポーツ
<オープン戦:西武3−2楽天>◇20日◇メットライフドーム 西武渡辺直人内野手(36)が「匠(たくみ)の技」でうならせた。 3回裏無死一塁の第2打席では、ヒットエンドランのサインを受け、三遊間を破る左前打。一走斉藤を三塁に進塁させた。 7回裏には、再び無死一塁の場面で第4打席に。初球、2球目と犠打の構えだったが、3球目にヒットエンドランのサインを受けてバスターで投ゴロ。きっちりと走者を二塁に進めた。 2度のエンドラン成功に、辻監督は「ああいうのが大事」と相好を崩した。「特に2つ目。直前に一塁にけん制球があったから、それでバントからエンドランにサインを変えたんだけど、そこでファウルにせずにきっちり転がしてくれた。エンドランはヘタに右打ちしようとしないこと。だから外角のボール球もインフィールドに転がせる」。技術に加え、判断の的確さもたたえた。 渡辺は「今日、打線の中で作戦的なサインが出たのは自分だけだった。シーズンでも、監督からはそういう仕事が求められる。そういう意味だと思ってプレーした」とうなずいた。 エンドランを成功させたのは同じだが、2つの打席で渡辺の考え方はまったく違った。 「1つ目のエンドランは最初からバントのサインがなかったので、一塁走者のスタートで遊撃手が二塁カバーに動いてできるヒットコースを狙って、三遊間に強く転がした」 「2つ目は最初はバントのサイン。だからエンドランにサインが変わっても、とにかく一塁走者を進塁させればいいということだと受け取った。だから強く振ったり、打球の方向を意識したりせず、ファウルにならないように確実に転がすことに専念した」 作戦の意図をくみ、きっちり遂行する。長距離砲、巧打者ぞろいの強力打線にあって、今季もベテランは異彩を放ち、チームを勝利に導く。


最終更新:3月20日(月) 22時29分

関連ニュース

[1/14]