auニュース

ニューストップ > トピックス > 国内サッカー

記事検索


最新機種をお求めならココ

最新機種をお求めならココ

国内サッカー

柴崎岳がスペインデビュー、後半途中からボランチ
3月20日(月) 14時51分配信 日刊スポーツ
〈スペイン2部リーグ:テネリフェ0−1レウス〉◇第30節◇19日(日本時間20日)◇テネリフェ テネリフェMF柴崎岳(24)が、新天地スペインでデビューを果たした。ホームのレウス戦で、0−1とリードを許して迎えた後半28分、MFアイトール・サンストに代わって途中出場した。 柴崎がピッチに入ると、スタンドから大きな歓声と拍手が送られた。4−4−2の中盤の底2枚の左に入った。相手チームのプレスもなく落ち着いてパスを散らしたが、目立ったプレーはなかった。マルティ監督は柴崎について「もっと前目でプレーをして最後のパスを出してほしかった。ともかく、少しずつチームやリーグを知っている」と話すにとどめた。試合後、柴崎はミックスゾーンに姿を現さず、コメントはしなかった。 テネリフェは26日の次節で、1部昇格を争うカディスとアウェーで対戦する。 柴崎は鹿島との契約が切れた1月末の欧州移籍期限間際に、今年6月末までの5カ月契約を結び、2月1日に入団会見後、同2日からチームに合流した。だが、体調不良を訴えて離脱し、不安障害と診断されるなど、初の環境に対応するまで時間を費やしていた。(山本孔一通信員)


最終更新:3月20日(月) 14時51分

関連ニュース

[1/7]


ニュースキーワード

関連サイト