auニュース

記事検索


最新機種をお求めならココ

最新機種をお求めならココ
K1・53キロ王者武居「全試合KOで」世界王座を
4月21日(金) 18時19分配信 日刊スポーツ
 20歳のKrush53キロ王者・武居由樹が21日、K−1世界王座獲得を宣言した。 22日開催の「K−1 WGP 2017」(東京・代々木第2体育館、日刊スポーツ新聞社後援)で、第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントに出場する武居は21日、都内で行われた公開計量、記者会見で決意を新たにした。 3月11日のファン集会で、優勝候補のKrush55キロ王者・寺戸伸近(36)から決勝の対戦相手に指名された武居。あれから1カ月余りで仕上がった体を見せた。 リミットいっぱいの55キロで計量をパスすると「減量もきつくなかったし、パワーでも負けない。全試合KOで勝つ」と気合を入れた。そして「明日はきついと思うので、今日は早めに寝ます」と言って会場を笑わせた。同トーナメントでは、1回戦でアントニオ・オルデン(25=スペイン)と対戦する。 その他の1回戦カードは石田圭祐(21)−チャールズ・ボンジョバーニ(30=フランス)、寺戸伸近(36)−ジェイミー・ウィーラン(22=英国)、久保賢司(28)−ソン・ダーチェン(21=中国)。リザーブファイトとして、伊沢波人(24)−鈴木優也(29)が組まれている。


最終更新:4月21日(金) 18時19分
前の記事:K1武尊vsサラビア、ともに「2回KO」宣言(日刊スポーツ) - 4月21日18時19分
次の記事:リバプール、60億円でアセンシオ獲得狙うも失敗(日刊スポーツ) - 4月21日18時01分

ピックアップ



トピックス



写真特集