auニュース

記事検索


最新機種をお求めならココ

最新機種をお求めならココ
西武辻監督「みんないい仕事」抜てき組活躍にご満悦
3月20日(月) 22時37分配信 日刊スポーツ
<オープン戦:西武3−2楽天>◇20日◇メットライフドーム 西武の「抜てき組」が期待に応えた。斉藤は1番中堅で先発。「調子がいい時に見てあげたい。相手は左腕だけど、それでも使う」という辻監督の意向だった。3回無死の第2打席で左前打を放って出塁すると、次打者渡辺のエンドラン成功で一気に三塁へ。浅村の遊ゴロ併殺の間に生還した。 7回にも四球で出塁し、エンドランでの二進後に中村の適時打で生還。持ち味の守備力に加え、走力、打力もアピールした。2番三塁で先発の渡辺も2度のエンドランをいずれも成功させた。途中出場の田代は左前打、同じく途中出場の中田もバント成功と、それぞれが仕事をした。 辻監督は「みんないい仕事をしてくれた」と満足げ。「これで競争は激しくなる。開幕に向けて、徐々に選手をしぼっていかないといけないけど、シーズンは長い。誰もがいずれ、チームのための出番を迎えると思う」と話した。


最終更新:3月20日(月) 22時37分
前の記事:阿部詩、突き指負けず団体初V 体重別選手権へ不安(日刊スポーツ) - 3月20日23時40分
次の記事:西武渡辺「匠の技」でヒットエンドラン2度決める(日刊スポーツ) - 3月20日22時29分

ピックアップ



トピックス



写真特集