auニュース

記事検索


最新機種をお求めならココ

最新機種をお求めならココ
東芝、実態資本はプラス 可能な限り支援=三井住友銀頭取
3月16日(木) 18時44分配信 ロイター

[東京 16日 ロイター] - 三井住友銀行の国部毅頭取は16日、決算発表が遅れている東芝について、メモリー事業を勘案すれば同社の実態的な資本はプラスであるとし、主力行として可能な限り支援するとの考えを示した。

全国銀行協会の会長会見で述べた。

国部頭取は、東芝が2016年4―12月期決算発表を再延期したことについて「各ステークホルダーの不信感を払しょくできない状況が長期化していることは、メーンバンクとして残念。1日も早く決算を公表してもらいたい」と述べた。

子会社化するメモリー事業を踏まえると東芝の実態資本はプラスだとし、「メーンバンクとして可能な限り支援する」と語った。その上で、「東芝にとって金融支援体制の安定化は不可欠。(取引行に)取引継続の理解を求めているので、銀行団がまとまるように協力をしていく」と説明した。

(布施太郎)



[写真]  3月16日、三井住友銀行の国部毅頭取は、決算発表が遅れている東芝について、メモリー事業を勘案すれば同社の実態的な資本はプラスであるとし、主力行として可能な限り支援するとの考えを示した。写真は東芝のロゴ、都内で2月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai) =Reuters提供
最終更新:3月16日(木) 18時44分
前の記事:EU当局、フェイスブックやグーグルに利用規約の改定要請(ロイター) - 3月17日8時15分
次の記事:アップルやグーグル、入国制限の新大統領令巡る訴訟に支持表明せず(ロイター) - 3月16日11時58分

ピックアップ



トピックス



写真特集