auニュース

ニューストップ > カテゴリ別ニュース > エンターテインメント

記事検索


最新機種をお求めならココ

最新機種をお求めならココ
木村拓哉「引きずっていたら歩けなかった」一問一答
5月20日(土) 5時02分配信 日刊スポーツ
 【カンヌ(フランス)18日(日本時間19日)=横山慧】開催中の第70回カンヌ映画祭で、特別招待作品に選ばれた木村拓哉(44)主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が、公式上映された。 木村はレッドカーペットを歩き、作品上映を終えて大歓声を浴びた後、杉咲花(19)三池崇史監督とともに日刊スポーツなどの取材に応じ、率直な今の気持ちを語った。一問一答は以下の通り。 −会見や上映など、カンヌでの1日を終えて 杉咲 すごくホッとしました。全くどんなことがこれから起こるのか本当に想像できなかったので、1つ1つ、カンヌってこんな場所なんだなとか、お客さんはこういうリアクションするんだとか、現地の海外メディアの方はこういう聞き方するんだ、と思って。初めてのことをいろいろ体験できて、すごく幸せな時間でした。 木村 海外の方たち、2000人以上の方が、男性はタキシード、女性はドレスで、客席に座っていただいていて、身の置き方はすごくフォーマルだったんですけど。映画の見方というか、楽しみ方はすごくカジュアルで、ストレートで、なんかすごくすてきだな、こういうことなのかもしれないな、って思いました。すごくうれしかったです。 三池 いい映画だな、と思いました(笑い)。やっぱりお客さんの反応というか、劇場そのものが最後に映画を後押ししてくれるというか、非常に心地よい時間を過ごすことができて、監督としてはこれ以上の幸せはないですね。 木村 日本で公開を迎えさせていただいた時に、市原隼人ってやつが、「映画の一番の花形はお客様です」って言っていて。その時にも、すごくいいことを言う俳優さんだなって思ったんですけど。本当に今日のカンヌでの上映で、お客さんと一緒に映画を見て、拍手だったりとか、笑いだったりとか、驚きだったりとか、そのまま表現していて、スクリーンがあって、客席があって、今日の上映は一方通行じゃなかったな、コミュニケーションがとれていたなと思って。市原隼人の言葉を思い出しました。 −会場総立ちで、スタンディングオベーションでした 木村 言葉とか、文字とかではない、気持ちでみなさんが見終わった時の表現をしてくださったことに感謝しています。言葉じゃないんですよね、みんな。手をたたきながら、どの人を見ても、僕らに向けて、笑いかけてくれているっていう。本当にうれしかったです。 −上映中、客席からの笑いが出たり拍手は狙い通りのタイミングでしたか 三池 割と自分にとっては、まあこういう風に楽しむだろうな、っていう(タイミングでした)。キャラクターを楽しんでくれているというか、理解しているという。物語はもちろん大切なんですけど、物語を展開するための役というか、道具として役が生まれてるわけじゃなくて、役そのものが物語を作っていく。万次が最後現れた時に、自分のヒーローが現れたみたいに、分かっているくせにそういう拍手が起こる。こっちの人は、自分たちの見方を持っている。勇気づけられます。 −緊張感はありましたか 木村 確かに、レッドカーペットを歩くのが皆さんからもゴールだと言われていて、各国のマスコミの方々が僕らに視線を投げかけてくれるっていう場ではあったんですけど、そこからステップアップして、劇場に入って行く時に、監督が紹介されて、自分が紹介されて、花ちゃんが紹介されて、劇場に入っていって、全客席の方々が拍手で迎え入れてくれて、「あ、ゴールってこっちだったな」っていう。劇場に向けてステップアップしていく時は結構緊張もあったんですけど、拍手で迎え入れてくれた瞬間に、友達感覚というか、すごい近い存在に急にお客さんがなってくれたので、すごいリラックスできました。 −ラストで万次(木村)が登場して、大歓声があがった時の気持ちは 木村 どういう気持ちというよりかは、すごく照れくさいというか。うれしいんですけど。監督が横で、「そうなるでしょ」ってつぶやいていたので、さすが、やっぱり違うなって思って。 三池 それは単に、自分で作っておいてあれですけど、万次が現れた時に、「よし来た」ってうれしかったですよ。万次が間に合った、っていう。何度見ても、やっぱり新しい驚きというか、発見っていうのが絶えずあるので。映画そのものは変わらないけど、私たちが変わってくるから。映画が語りかけてくれる内容も変わってくる。映画的にホッとする。やっぱ来たなっていう感じ。他のお客さんよりも、俺が一番「よし来た」って思ってたんじゃないですかね(笑い)。 −13年ぶりのカンヌ国際映画祭で、木村さんは「メイドインジャパンの作品で来られてよかった」と話していました 木村 割と日本国内では、時代劇ってものとか、今日は花ちゃんが和装で参加してくれましたけど、そういうものに対して、割と国内のほうが熱が冷めているように若干自分の中で感じていたんですけど、海外では全然そんなことないよ、っていうのはすごく感じましたね。灯台もと暗しというか。自分たちの良さを、もっと光当てていいんじゃないかなって思いました。日本人の良さを。 −今回は主演映画でカンヌ国際映画祭に来ましたけど、意識しましたか 木村 それは意識ないです。今回は3人だけでしたけど、本当に今日、現場のスタッフの皆さんも、共演者の皆さんも、共存して歩かせていただいたので。 −木村さんは常に話題の人ですし、時には一部から批判されることもあります。ブレずにいられる要因は 木村 それはもう、間違いない三池崇史監督がいるし、杉咲花もいるし、スタッフもいるし、共演者もいるし。みんなが、現場にいた人たちが、できあがったものを見て、自画自賛ということではなくて、何か満足感を得られる時間を、上映後に感じることができたっていうのが、一番の間違いない「答え」なのかなと思うので。まあ本当に、いろんなネガティブキャンペーンじゃないですけど、そういうことがあるのは事実だし、あっても全然構わないと思いますけど、僕らはしっかりとした「答え」を持っているので。 −杉咲さんは今日、振り袖を着られていました 杉咲 特別な経験になりました。まだ成人もしていないので、うれしかったです。 木村 成人しちゃえば? ここで。 杉咲 ええっ(笑い)。ちょっと考えます(笑い) 海外メディアの方々に、圧倒されてしまって。本当にたくさんの方々が、私たちの目の前でたくさん写真撮ってくれて。 木村 すごかったですね。メディアのフォトグラファーの方々が「ハナ! ハナ!」って。係の人たちが、相当怒ってましたよ。「いつまで撮っているんだよ」って(笑い)。 三池 着物と、七三分けがよかった。今日はセンター分けじゃないのね。 −今後、またカンヌに戻って来たい、という思いがありますか 木村 戻ってくるというかは、そうなれるように。一度きりのタキシードもなんなので、また袖を通せたらなと思いました。 −海外メディアからの取材を受けて感想は 木村 インタビューがあったりしたんですけど、それぞれの視点で作品を見てくれた。もっといっぱい、こういういろんな感想というか、人が10人いたら、10人感想が違うと思うので、そういうお話を聞くのが楽しいですね。明日も引き続き、各国の方の取材があるらしいんですけど、楽しみです。 −SMAPが解散して初の国際映画祭でした 木村 その結びつきは強引な(解散と映画祭は関係ない)気がしますけど、どうですかね。ただ、ロンドン在住のアジア系の女性がインタビューしてくれて、「寂しくないの」ってことはストレートに聞いてくれたんですけど。でも、なんだろうなあ…そこをまた、自分の中で引きずっていたら、きっと今日も歩けなかっただろうな、と思いますし。事実は、事実として(受け止めています)。


最終更新:5月20日(土) 5時02分
前の記事:テリー伊藤、22日「情報ライブ ミヤネ屋」初出演へ(サンケイスポーツ) - 5月20日7時03分
次の記事:COWCOW善し、離婚していた 1月に不倫発覚(日刊スポーツ) - 5月19日23時05分

ピックアップ



トピックス



写真特集