auニュース

ニューストップ > カテゴリ別ニュース > エンターテインメント

記事検索


最新機種をお求めならココ

最新機種をお求めならココ
早霧せいな&咲妃みゆサヨナラ公演開幕 本拠で魅了
4月21日(金) 18時45分配信 日刊スポーツ
 宝塚歌劇団の雪組トップ早霧(さぎり)せいな、相手娘役・咲妃(さきひ)みゆのサヨナラ公演「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)」「Dramatic“S”!」が21日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。 14年10月に新トップコンビとしてスタート以来、ここまで本拠地4作連続で、稼働率100%超えと新記録を樹立し、更新中。「ルパン三世」「るろうに剣心」「ローマの休日」と著名原作に立て続けに挑み、唯一無二のトップ像を確立した。その名コンビが、最後に臨む芝居は、鬼才・川島雄三監督の代表作映画で、フランキー堺主演の「幕末太陽傳」を原作にした人情喜劇だ。 品川の遊郭・相模屋を舞台。早霧演じる佐平次は、大尽遊びに興じたあげく、無一文を白状して居座り、番頭まがいに振る舞いながら、次々に騒動を解決し、礼金をため込んでいく。 病を隠しながら、ひょうひょうと生きる役柄に、早霧は「ちょっとずる賢くて、世渡りもうまく、人の懐にスッと入っていく。彼のちゃめっ気をうまく出したい」と言い、けいこに励んできた。 宝塚伝統の二枚目ではないキャラクターに、早霧は「最後にこんな大物がきたか」と苦笑しながら、役作り。劇団屈指の芝居巧者トップが、男役17年の集大成を存分に発揮している。 ショーでは、芝居とは対照的にスタイリッシュなダンサーとして、二枚目ぶりを披露。早霧率いる雪組の合言葉になった「絆」をテーマにした場面もあり、咲妃との名コンビによるデュエットでも魅了した。 宝塚大劇場公演は5月29日まで。東京宝塚劇場公演は6月16日〜7月23日。早霧、咲妃らは東京公演千秋楽をもって退団する。 また、今回の宝塚公演は、3月に入団した103期生の初舞台公演。恒例の口上、ラインダンスも披露されている。


最終更新:4月21日(金) 18時45分
前の記事:宝塚103期生が初舞台、恒例のラインダンス披露(日刊スポーツ) - 4月21日18時45分
次の記事:NMB山本彩「アイヤイヤサー」沖縄映画祭でライブ(日刊スポーツ) - 4月21日18時45分

ピックアップ



トピックス



写真特集